何故、風俗は毛嫌いされるのか

なぜ風俗にここまでハマったのか

なぜ自分がここまで風俗にハマったのか。それは単純に考えて、やっぱり風俗が楽しいからなのかなって思っています。きっと快感だけなら、すぐに飽きちゃっているんじゃないかなって。別にオナニーで十分なんですしね。でも、風俗に待っているのは快感だけではないんです。快感とともに、女の子と一緒の時間を楽しめるという付加価値もあるじゃないですか。日常生活で女の子と言う存在そのものが遠い存在の自分にとっては、風俗というよりも、女の子と楽しめる場所が貴重なんです。しかもただ楽しむのではなく、最終的にはしっかりと抜いてくれるじゃないですか。そんなサービス、本当に風俗以外にはないですよね(笑)だからこそここまでハマったのかなって。でも、当初から別に「長い付き合いにしよう」とか「ハマろう」とか考えていた訳じゃないんです。気付いたらここまで長い付き合いになっていたって感じですよね。そのくらいのスタンスが良いのかもしれませんけど。

ある意味、鉄則ですし

風俗の鉄則。それは人気譲を選ぶというものです。人気のある嬢を選んだ方が、結局失敗しないと思うんですよ。芸能界での人気のように、風俗嬢の人気は作られたものではなく、お客を満足させた回数に比例していると思うんですよね。だから人気譲として紹介されている女の子を選んでおけばまず間違いないんじゃないかなって思うんですよ。むしろその方が圧倒的に楽しめると思うので、自分の中では風俗は人気譲を選んでおいた方が良いかなって思っているんです。それに、実際人気譲を優先的に指名し続けていますけど、失敗することもないんですよね。風俗の世界では人気は偶然高まるってことはないと思うんです。お客を満足させるだけの物を持っているからこそ、人気が出るようになると思うんですよね。そう思ったら、なんだかんだ風俗って人気嬢にしておけば、失敗することがないんじゃないかなっていう「鉄則」に気付いたんです。そのおかげで、最近は風俗がやたらと楽しいです。