何故、風俗は毛嫌いされるのか

状況的には有り得なくとも…

冷静に考えたら、可能性は限りなく0に近いんです。でも男心として、何かに期待してしまう。そんな状況でもあるんですよね。それはこの前の風俗での話ですが、元カノにそっくりな風俗嬢を見つけたんですよ。ホームページを見て、本人なんじゃないかって思ったんです。写真だけを見ると本当にそっくり…というか、本人だろうって(笑)それで興味が出て指名してみたんですけど、冷静に考えたら風俗で働くようなタイプではないというか、そもそも年齢も合わないし、それに元カノよりも大きなおっぱい。本人なわけないだろうと思いつつ指名して、そしてご対面してやっぱり違うなって思いつつ、でもプレイ中には元カノの面影を感じて勝手に興奮する。男って本当にバカだなって自分でも思いましたけど、でもそれだけ楽しかったから、それはそれで仕方ないのかなって(笑)事実、元カノの面影を見てこっちの興奮はいつもの風俗よりもかなり高まっていたくらいなんですし。

楽なくらいでいいかなって思ったんです

ハードに楽しむのも嫌いじゃないんですけど、この前興味本位で楽しんだ風俗との出会いは自分にとっていろいろと衝撃を与えてくれるものだったんですよね。この前性感マッサージを楽しんだんです。性感マッサージという風俗そのものを初めて利用したんですけど、まったりと楽しめて良かったなって。むしろこれは、自分にぴったりなんじゃないかなとさえ思いましたね。いつものように自分でも頑張って、それこそ発射する時には汗までかいているような状況も嫌いじゃないって思っていましたけど、真美開それだとさすがにこちらとしても体力的な問題が出てくるじゃないですか。疲れている時は自ずと風俗を敬遠しようって思っちゃって今したいね。でも性感マッサージなら疲れている時であっても全然問題なく楽しめますよね。だからこれからは性感マッサージも楽しもうかなって。シチュエーションを問わずに楽しむことが出来る風俗って、何気にとってもありがたいかなって思いますし。