何故、風俗は毛嫌いされるのか

福原のソープで元を取るという考え方です

これは食べ放題の話じゃないですよ(笑)元を取るというのは福原のソープの話です。
せっかく福原まで行くんです。ましてやソープはそこまで安い訳じゃないことを考えると、値段分は満足したいと考えるのは当たり前ですよね。じゃあどうするのか。その答えの一つが「元を取る」なんです。元を取れば価格にも納得出来るんじゃないかなって思うんですよね。これは本当に難しい部分なんです。それだけに、ソープでは自分のことだけじゃなく、女の子のことも考え、どうすればより満足感が高まる時間になるのかを考えるようにしているんですよ。それだけに、福原のソープは自分の中でも特別なサービスになりつつありますね。
確かに単純な話、昔はソープをただ楽しんでいるだけではありますけど、一方ではソープを楽しむためにかけている時間と言うんですかね。福原のソープ店のホームページや口コミをチェックしたりする時間はそれなりに長くなっているので、自分の中で福原のソープの存在はかなり特別なものになりつつあるんじゃないかなって思いますね。

本能だからソープに行くのは仕方ないでしょうね(笑)

自分の中でソープは本能を満たすものなので、はっきり言ってしまえばもはや仕方ないというか、ある意味男の必要経費のようなものです(笑)だから自分はたとえ恋人がいても福原に行ってソープを利用します。きっと結婚してからも、バレないように利用するんじゃないかなって思うんですよね。
だって理屈ではなく、自分自身でいろいろなことを考えて楽しめるじゃないですか。でも、実際に女の子を前にしたら何かを考えたりではなく、本能で向き合うって言っても良いんですよね。つまりはそれだけソープは男にとってロマンというか、いろんな気持ちになれる場所ってことです。むしろそれが自分の中で大きなメリットでもあるんですよね。
他の風俗ではそういったことはまず出来ないというか、考えることは出来ない部分だと思うんですよ。でもソープだけはあれこれ考えるのではなく、本能で向き合えるんです。男として求められているものや、満たしたいって思うもの。それらを満たせるからこそ、福原でソープを利用するのはとっても楽しいなって。